忍者ブログ
ゲームプレイ日記
Posted by - 2017.11.24,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 水輝 - 2009.11.10,Tue
これまでyah○○のメッセンジャーを使っていました。
理由は簡単。メールが届いた報せがくるからです。
ですがやはりバージョン7では限界があるのか、やたらと落ちまくります。
かといってバージョンを上げる気は全くありません。

仕方ないので主要人物とのやり取りは別のフリーアドで行うことにしました。
ここなら転送するシステムを使っているので、メールが届くと判るわけです。

そんな訳で近頃はyah○○メッセンジャーを立ち上げておりませぬ。
以上、連絡終わりwww

そしておれはサモアを目指しました……と本題に突入する前に、とある場所で見つけたものをご紹介。

ec712f72.jpg









ボル○ア家の秘毒! カンタ○ラ!!(検索でヒットされても困るでしょうから伏せ字w)
こんなんだったのかーーーーーーーーーーーーーー!!!w




(参照動画)

そうか、しかも、陸戦でしか使えないのか……。
ボ○ジア家、大変だな!www 家の中では使えないぞ!!!wwwww

そしてこんなものまで!

23a162b8.jpg













そうだったのか!
宇宙生命体○ジュラって、実はこんななのか!!!!
知らなかったぞーーーーーーーーー!!


(参照動画)

しかも宗教学に強いとか!
えっ、個体識別方が人間と異なる、集団で一個の生命体じゃなかったっけ?
なんで宗教??????????????????????wwww

もちろん、冗談です。教えてwikipedia様によると。
ヴァジュラはコレ
○ジュラはコレ。←記事の中に詳しい説明箇所があります
マク○スFの作者ではありませんので、関連性がないとは言い切れませんが、多分違うものだと思いますw

海は視点によってこういう楽しみ方も出来るので好きですw
実際、学ぶべきところの多いゲームですからねぇ。
歴史や地理が全滅だったおれの心強い味方となってくれています。

で。話は戻ってw
いざ、サモアを目指さん!

つーわけで、リマからサモアにあっけなく到着しました。
多少距離はあるものの、殆ど直進で行けますからね~。楽なんですよw
しかもNPCが殆どいないし。他のプライベートファームだとNPCがいたり、海賊がいたりと気にしなければならないのが辛いところで(汗)
しかもサバイイ島は生糸が出るので重宝しています。
で、今度はここで湧き水を出してやろうと画策中w
前は湧き水ってホントに使い道ないし、どーにも出来なかったんですけど、どうやら錬金術では使うみたいじゃないですか~。
今回は本体だけの復帰なので、材料も本体のみでどーにかしないとならずw
(倉庫のプライベートファームでは湧き水も出てたんですがねー)

とりあえずまずは植物油を出していた畑を潰しました。
これ、単に最高級毛皮を作るためだけに開拓したんですが、考えてみると植物油は採集した方が断然早いww
なのであっさり潰しました。次は水田で湧き水狙いです。

でもって鉱山も開拓することに。
これまで手を付けていなかったのですが(倉庫のプライベートファームの方が開拓しやすく、尚かつ既に色石各種も揃っていた)、粘土が出るらしいと知ったので話は別ですw
粘土……楽しそうじゃないですか、粘土。
なにを作ろうかなあという気持ちになりますよね?
……まあ理由は結局、錬金術の材料だからってだけなんですがねwwww

サモアの島で色々と作ったりした後、南下。
ワンガヌイで叩き売ります。問答無用です。イチイチ50ずつとか分けないw 名声とか気にしない気にしない。
だってここ、イングじゃないしー。おれ関係ないもんw
(暴落させたらしい)

そしていざ、門外へ。
ここで植物油を採集します。
でもそれ以外にも目的がありました。

b1bec317.jpg














こうです!
やっと捨てなくて良くなりました!
実は本体にはこれまで鍛冶(鋳造だっけ? 舌噛むからおれは個人的に鍛冶って呼んでますw)は入ってなかったのです。
でもアルティザンは鍛冶も優遇です。
何とかスキルをやりくりして鍛冶をねじ込み、鉄鉱石が鉄材に出来るところまで到着しました。

ここまで来たら必要なものはこれだ!

「鉱石精錬の書」
「金属精錬の書」
そして、これが大事!
「特殊鉱石精錬の書」

この3種が大事なのです!
少なくともおれには! 現地で色石を捨てまくっていたおれには、どうしても必須でした!www

そして、こう!!!

2b422cf6.jpg














これの何がいいって、失敗することですw 熟練が多く入る~w
そして鉱石にしまくった後、石を叩きまくります。
鉄材と銅の出来上がり。これをしばらく繰り返して、ランクが6になったら!

出てこい、おれのトンカチ!

鍛冶+1のトンカチを背負って、おもむろにこうです!

1e9e659e.jpg














わははははははははははははははは!!!
やっと泥を捨てなくて済むようになった!wwwwwwwwwwwwwwww
超シアワセ♪

宝石は必要な時以外は作りません。というか、工芸倉庫がいないので、レシピないしw
おれ的には黄石宝石のレシピさえあれば後はどーでもいいっていうか。(船首像にキャッツアイがいるから)
そもそも危険海域で宝石を削る意味がわかんない。
危険海域で売ったってたかが知れてるし。
工芸上げにしては面白くないし。

宝石に削るのってあんまし好きじゃないし。
(原石の方が好き)

宝石を加工して何かが作れるのなら喜んで作るんですけどね~。
水晶みたいにガラス細工に出来るとか。それだったら楽しいんですけどねえ……。

でもって一緒に取れる巨大な葉は、プライベートファームで染料にしない場合はテキーラかコチニール。
そしてワンガヌイでは酒は売れませんので、コチニールを合成となります。
カリブでは邪魔くせえコチニールですが、ここではそれほど巨大な葉はヒットしませんので、ご機嫌です。

というわけで。

958e7ad3.jpg























でーーきたw
かなり満足です。
いかに無駄にしないか、という合成が好きなので、草一本たりとも捨てなくていい場所は凄く楽しいっす。
FFで合成屋やってたおれをなめんなよwwwww
合成は基本的にM! でも黒を出す! それが合成屋の正しい姿ってもんです!!
赤字の合成なんてあり得ないw

時給換算? そんなことは知ったことではありません。仕事じゃあるまいし。
ゲームで時給とかゆっててどーしますか。アルバイトですか? これ、ゲームですよね?w
楽しいことにはどれだけだって時間かけるだけの価値があるんじゃないですかね?w
ていうか、楽しくないならやめろ?wwwww

……と、個人的には思います、はい。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
水輝
性別:
非公開
職業:
庭師
自己紹介:
これはブログを使った単なるゲームプレイ日記です。
テキストメインなので、文章に拒否反応を示される方の閲覧はオススメできません。

ハンドルとゲーム内キャラ名が違うことがよくあります。

URLやメールアドレスは貼らないでください。
トラックバックは受け付けていません。
その手のコメントは全て削除します。

詳しい理由はココ
ついったー
名倉のひとこと
あっしらにも何か作らせてくだせぇ
最新コメント
[10/12 フェラガモ 靴]
[09/06 Bailiatut]
[08/07 ありす]
[08/04 ありす]
[06/11 ありす]
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
著作権表示

大航海時代Online

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005-2015 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXI

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の登録商標、もしくは商標です。

Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

パーフェクト ワールド -完美世界-

(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.
Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.

お天気情報

-天気予報コム-
アクセス解析
Persona4 the ANIMATION
TVアニメ「ペルソナ4」
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]