忍者ブログ
ゲームプレイ日記
Posted by - 2017.12.11,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 水輝 - 2014.10.09,Thu
ドラマを観ていないおれが書くと逆に愉快なモノになるかも知れない、と思ったので行方を勝手に想像してみようかと思います。
なお、これまでの流れも人様の感想などから勝手に予想して理解しているつもりになっているだけですので、間違っていたらごめんなさいw

なお、日明恩先生の作品の何かがちょこちょことのぞくかも知れません。
すみません、そこはご容赦ください。ネタバレがあります。
どう考えても被るところ満載で、書かずにいられないと思うのです。
もし問題がありましたら、作者の方、その他読者の方、出版の方、どなたでも構いませんので突っ込みをお願いします。
万が一、ヤバくても削除とかはしませんが、ごめんなさいして訂正させて頂きます。

バックドラフトという映画があるのですが、そのネタがちらちら出ます。引用というほどではありません。
ですが、ネタバレ全開になる恐れがありますので、今からご覧になる方は回避してください。

ただし、某放送局とかそっち関係者からの突っ込みには一切対応しません。
予想で想像で勝手な行方を書くだけですので突っ込まれる謂われはありません(キリッ

さて、あらかじめ謝ったところで、今後のドラマの行方の勝手な予想をしてみたいと思います!w
(この時点で既に猛烈に怒り狂っていることをお断りしておきます)

注意! 盛大なネタバレがあります!w


勝手な想像で……

○第一話

主人公はなかなか就職出来ない。ぶっちゃけ就職負け組。今の時代ではレアタイプ。今は若者はどこの企業も欲しがっているので、就職出来ない方が難しいんですが。特に場所が大阪なので割と栄えていると勝手に予想。なので企業体もそれなりにパワーはあるはず。たぶんw
なのに就職出来ないとかあり得ないという設定でスタート。
この時点で映画バッグドラフトに出だしが良く似ているけど気のせい気のせいwwww

主人公はやる気がないのに消防士を目指します。鎮火報乙w
何故よりによって消防なのか意味が判らないけどそれでも消防学校に入って卒業したらしいですね。あり得ないですがw
しかも初日から1時間もの大遅刻。おまけに誰も主人公に連絡しない。主人公も職場に連絡しない。なのに遅れてきた新人を真っ当に叱るでもない。バックドラフト乙w
でも、ここは日本でそこは大阪なので事実上、この設定はあり得ないですね。完全にフィクションです。まあ、元々フィクションでしかないんですけどw

初日に大火事を引き当てます。運のいい奴! しかも現場でうろたえる。超バックドラフト乙w
マネキンは持ってこなかったんですか?w

今度は急に救急隊になります。何故!w 
実は主人公は話の最中に密かに救急隊員に変身していたのだ! キリッ!
いきなり人命救助を命じられます。意味不明。謎すぎる。だがしかし、変身したので何も問題ないっ!
(注:あえて書くと、心臓マッサージまでなら講習を受ければ誰でも資格をとれます。ただしちゃんと出来るかどうかは、真面目に取り組むかどうかにかかっていますが。アルドノア・ゼロでもやってたでしょう?w)

火事の現場に野次馬発生! そういえば野次馬うぜぇ的な内容が挟まっていた気がする! たしか!w 鎮火報乙!w
生活保護受給者が飲んで暴れて? え? まあ、現場が現場なのである意味リアリティを追求したのかな?
だがしかしそんなリアルを追求されても誰も得しない件についてw どーでもいいシーンを無駄に挟む、そこがオリジナル(笑)です! そこにしびれるあこがれるー!(棒

でも考えてみればバックドラフトではよく酒を飲んでいた気がする! 何しろ前世紀の映画! しかもアメリカだし! まさかと思うけど、そこから引っ張ったのなら色んな意味で混ぜるな危険です!w

派手な火の演出があったのかも知れないけど、恐らくバックドラフトにはかなわないと思われ。
今の技術でかなわないのだからさすがはバックドラフトだと誉めた方がいいのかも知れません。けれどこれはあくまでもおれの個人的な未来予想と過去回想(予想)なので、そこは突っ込まないでおきます!(キリッ

そういえば無駄に消防署の周囲で体力トレーニングをしている場面があったはず! いやいや、まさかのフル装備でマラソンですか? 鎮火報乙!w 大体、星野のせいで合ってると思います!w
ちなみに星野はその後、あんなことやこんなことがあって、凄い活躍をします! たまには宣伝も入れるよ!www 気になる人はロード&ゴーを読むといいかも!w
双葉社の営業はおれにギャラをくれてもいいかも知れません!(もちろん冗談ですw

あっ。そうだったそうだった。ヒロインがトラウマ持ちのバツイチ子持ちだった! ……ん? ああ!!!! はいはい、そうだったそうだった! バックドラフトの兄貴の方もそうだったですね!w
ま、最後死ぬけどな。あ、ネタバレごめんw

何故か隊員が刺される! あれ? 変ですね! 火事場に飛び込んできて刺されたとか?
んー。刺される……刺される……刺される……うーん?
ああ! 確か、武本って刺されてませんでした? あれ? あ、違う話か!(ぉぃ
日明恩先生の警察シリーズ『それでも、警官は微笑う』『そして、警官は奔る』『やがて、警官は微睡る』好評発売中!
鎮火報と同一の世界観だから、知ってる人はニヤリと出来て面白いっすよ!
……あれ? 武本が刺されるのって単行本だっけか……? えーと? あっ、単行本でしたね!w すみません、たまに雑誌も読むのでごちゃごちゃになりましたwww

ホテルであれこれ色々あるんですけど、そこで確か刺されたような? 違ったかな?
すみませんねー、物覚えが悪いもので(汗) 間違ってたらサーセンw

そうそう、ドラマの回想でしたね! すっかりさっぱり忘れてました!w

エロシーンはなしですか? まあ、鎮火報にはないですけど……。バックドラフトにはガチで入ってるんだけどなあ。
もしかしてヒロインが脱いだりしてました? え? いえ、何となくですが、それで男にうけると考えたやっすい感じなのかと思って。
おれだったら女性は極力出しませんがね。もちろん居てもいいかも知れませんが、男の方が体力があって迫力のある画が撮れそうなので。実際、バックドラフトでは女性は出てきますが、消防士ではないですし。
ん? あ、そっか。ロード&ゴーで出てましたねw 女性の救急隊員がw あれ~? おっかしいな~? どっかで見たことあるぞ~?www とか思いましたが颯爽とそこはスルーします!


○第二話

折角刺された場面を使わない手はないので、そこからいきなりスタート。インパクトもありますので。
ですが、うっかり助かります。そう! バックドラフトで火を食らった彼も助かりましたからね!w
だけど鎮火報だと……いや、これはネタバレになるからやめときますw

うーんと……。ここから想像ですかー……。

まず、老人問題なので、狂言自殺と絡めますか。埋み火乙w
そこに自殺の方法を考える別の誰かが出てくればなおよし!w もろに埋み火乙です!w
……って、微妙にネタバレサーセン!w

んでもって、放火も入れときますか! バックドラフトでは内(略)の犯行でしたから、その辺りで!ww
誰が適任ですかねぇ……。キャスト見てないから判らないので、てけとーにその辺りの人で!(ぉぃ
ちょっと主人公と繋がりがあるといい感じでバックドラフトです!w

その後、さりげにギフトもぶっ込みますか?w そうですか、やりたいですか。
でもそれは三話に回します(ぉぃ
だって三話は別の人が書いてるっぽいし。別の本の方が良くないですか?w

なので、埋み火から、今度は水槽!w 亀! ヒーター!w
この辺りでどうですか?w 実際、水槽ネタはヒーターが原因でしたが、埋み火は東北の震災の前でしたので、今はもう使えないネタになっていると思いますよ。水槽事情も当時から大分変わりましたのでw
どう変わったのかは教えてあげませんwwww 調べたければご自分でドウゾw

えっと、その後はそうですねぇ。あ! 主人公、いきなり父親とか出しちゃいます?w 実は消防士とか!w
うわあ、バックドラフトも鎮火報も被ってていい感じですね!w
ちなみにバックドラフトは冒頭に出てきて子供の目の前で亡くなります。
鎮火報だと幼い頃に人を助けてなくなったことになっています。
どっちでも美味しいですね!ww イエーイ!w

間に老人と娘の確執でも入れますか? あっ、ヒロインの父親とか良くね!?w 埋み火と被ってるし!wwww
いいなあ、児童虐待とか入れましょう! 今、社会問題になっていて話題になりやすいと浅……もといw 考えやすいですよね!w
本当に入っていたら殴りかかってもいいですか!w ギフト乙!www

第二話はこのくらい盛れば十分でしょう。一話目であの程度なら。
ああ、ヒロインのトラウマが判明しかけたところで引きで良くないですか!?w うわっ、判り易くていやらしい感じでいいですね!w

○第三話

ヒロインの過去話からいきなりスタート!w
え? 理由ですか? それは引きが良さそうに一見思えるからです。おれだったらそんな真似はしません。訳が判らなくなりますから。
ヒロインが主人公にいきなり語り始めてもいいですね!w もし、おれの予想通りにトラウマが虐待&親との確執なら、ほぼ間違いなく入ってきます!w
ただ、もし本気でギフト乙なら、フツーは人に話しませんけども!www

それかヒロインの回想にしますか? うーん……だとしたら子役を入れないといけなくなる……?
まあ、それはそれでありかも知れません。子供に弱い人多そうですし。
ですけどそれ、放送しても大丈夫ですか? いやいや、天下の某局様ならなんでもありっしょ!ww

なのでギフトから彼女の話をぶっ込みます。
いやあ、おれの予想なんですけどねー。引きが強く見えるんですよね、あの話。実際、強いかも知れません。
ですけど、本当はそんな話、他人にしませんよ?w ギフトの場合は見たくなくても見えてしまう、という条件があったからこそ成立する話なのですが、ねー。

あっ、それか、もう片方の女の子の話にします!?w あっちもなかなかいい感じで使えそうですよね!w
あっちはえっと、確か幼い女の子が母親にやられた怪我を覚えていなくて、自分で転んだって言ったとかだったかな?
すみません、微妙にってか、かなりネタバレw サーセンw

んっとねーw
本当にそういう話はあるので安易に入れたら怒りますよw 色んな人がwwwwwww
しかもそういう話の方を選んで入れてそうな嫌な予感がする……(汗) ううーむ。三話目を書いた人の人物像が判らないから何とも言えませんが、二話目までと同じ流れなら、確実に入ってきている気がします。

その後、確執から立ち直るのか、それとも離脱するのか、ですかね。
これだけで一話丸々使えますねぇ……。ヒロインばかり目立ちますけどw
子供を持つジレンマとか書いてあったような……? 働く母親の悩みですか? 待機児童とかの話?
それだとあんまり目を惹きませんから、やはりここはギフトから引っ張ってきましょう!(ぉぃ

そんな感じでヒロインが勝手に回想して勝手に主人公が納得して終了w

○第四話

合作ってことでしたねぇ……。
合作……ああ!
バックドラフトと鎮火報とギフトを混ぜる!?w
えっ、警察モノも入れます? 仕方ありませんねぇ……。

トラウマを克服するには何が必要でしょうか。
大抵の人は、トラウマと実際に向き合ってみると、意外と判り合っていなかった、などという安直な答えを出します。
……うん、これでいきましょう!www これだとある意味、オリジナルと言えなくもないです!w
何しろ、日明恩先生が絶対にやらなそうな手法ですから!w

ちなみにこの方法、突っ込みを先に入れるとかなりの確率で間違いです。
対人の場合、トラウマの原因はトラウマを植え付けた相手のことを覚えていません。その程度なんですよw
ですので、改めて向き合ったところで何も解決しません。逆に悪化する危険性の方が高いのです。深刻なトラウマであればあるほど、その可能性は高くなります。

その解決法はひとつ。
原因と物理的に離れること。それだけです。
もし、児童虐待なら虐待の相手から離れる。親なら親から物理的に距離をとる。連絡をしない。関係を断つ。
これが唯一の解決策です。

ですけど、まあ、多分この人なにも考えてなさげですから、知らないでしょうw
なので、かるーく考えた感じで、トラウマの原因と向き合うことにしますw

ヒロインのトラウマ原因が登場!w もしかしたら父親かも知れません。元カレかも知れません。元旦那かも?
もし、火事と絡めるなら消防士でもいいですが、それやったら本気で鎮火報乙ですから!w まあ、その方がいいかも知れませんが、三話のギフト乙でばらまいた種が回収出来ません。

なので、やはりここはトラウマは父親か何かってことでw
でもって相互理解を深める方向に舵を切ります。そっちのが楽なんですよ、色々。1度は崩壊していた家庭が戻る様の方が感動しやすい、と思う方が楽だからです。
この辺りで主人公の母親が絡んでくるとなお良し。というか、多分、そっちに舵を切ったらそーなります。

ところがここで事件発生!(いきなり
というか、消防系なので火事を起こさないといけませんね! というところで、放火犯の目星がつく、的なところでいかがでしょう?w バックドラフト乙ですけどw
だがしかーし! それが判った時には火事が発生していて事件になっていて、更に救急も出動する(救助人がいる)感じで全員勢揃い!w

火の中でなにがしかのヒューマンドラマ!w 本当は時間的にそんなことやってたら火が回って死にますけど!
ですがやります!w 見せ場だと思っているでしょうから!www

何がいいですかね? うーん。
バックドラフトだとエレベーターホールに落ちたり格闘したりします!w
鎮火報だと自殺を企てる奴に向かって説教を始めたりします!w
警察ものの潮崎だと鹿と戦います!w
どれがいいですか? どうせここまでで既に整合性など崩壊して微塵も残っていないので、どのルートでも大して違いはありませんけど!(ぉぃ

派手目に行くならホールに落ちときますか!w 落下する様は撮り方によっては見ている方もざわっとしますからね!w
……まあ、でもバックドラフトほどの緊張感は出せないだろうなあ……。何となく思うけど……。

まあそれはいいです!w
とりあえず色々して、誰か死にかけます!w
そこで引きです!ww 第一話と同じとか言わないように!w

○第五話(最終話)

ん? 最終回は1人で書いてるんですねぇ。じゃあ……安い感じでいきますw

死にかけた誰かを必死で救助するヒロイン!
やる気がなかったはずの主人公の燃える炎に火がつきます!(ぉぃ
なんか判らないけど助けます!w
もしかしたら暴れるホースを1人で抑えるかも知れません!w バックドラフト乙!w

トラウマをヒロインがあっさり克服!w すげえ!w
やる気を見せた主人公の前に、母親登場!
いい母親的な何かを演じます! 多分!w
言っときますけど、民子はそもそもいい女って下地があるから出来るんであって、その辺の女に同じことが出来るとかないから!w 埋み火乙!w

誰かがどっかから帰ってくるよ! 埋み火乙!
通信マニアの女子高生が活躍するよ! ロード&ゴー乙!
それとも仏壇の前で正座でもしますか? 鎮火報乙!

実は父親が消防士だったら、父親が息子である主人公を庇って死ぬ感じで! バックドラフト乙!
二階級特進です、おめでとうございます!
主人公が泣くか、ヒロインが泣くか判らないけど、そんな感じのお涙頂戴劇で幕!

--終--


うん。こんな感じですかね?
これでもけっこー優しく考えた方ですよ~。多分、これ以下だと思うんですよねー。

実は、単なるパクリにしても違和感があるから気になっていたのです。あちこちの部品は同じなのに配列が間違っているという奇妙な感じというか?
ですが、映画バックドラフトとてけとーに混ぜればそうなるかも、と納得したので書いてみました。

ちなみにおれがやたらと出していたバックドラフトという映画はとても有名な作品で、大阪のユニバーサルスタジオジャパンにもアトラクションがあると思います。おれは行ったことがないのですが。
あそこの火は凄いという噂を耳にしました。1度くらいは行ってみたいですねぇ……。なかなか縁がなくて行けていないんですよねえ……。


以上、おれの勝手な想像で第五話まで書いてみました!w
どこも被っていないといいですねwww
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
水輝
性別:
非公開
職業:
庭師
自己紹介:
これはブログを使った単なるゲームプレイ日記です。
テキストメインなので、文章に拒否反応を示される方の閲覧はオススメできません。

ハンドルとゲーム内キャラ名が違うことがよくあります。

URLやメールアドレスは貼らないでください。
トラックバックは受け付けていません。
その手のコメントは全て削除します。

詳しい理由はココ
ついったー
名倉のひとこと
あっしらにも何か作らせてくだせぇ
最新コメント
[10/12 フェラガモ 靴]
[09/06 Bailiatut]
[08/07 ありす]
[08/04 ありす]
[06/11 ありす]
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
著作権表示

大航海時代Online

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005-2015 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXI

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の登録商標、もしくは商標です。

Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

パーフェクト ワールド -完美世界-

(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.
Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.

お天気情報

-天気予報コム-
アクセス解析
Persona4 the ANIMATION
TVアニメ「ペルソナ4」
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]