忍者ブログ
ゲームプレイ日記
Posted by - 2017.08.22,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 水輝 - 2014.10.03,Fri
10月に入って涼しくなったかな? と思ったら少し暖かくなって半袖の方が良かったり、急に冷えて何か羽織らなければならなかったり……。
そんな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ちなみにおれがいちいち天気などのネタから入るのは、どこにも害がないからです(ドきっぱり

日記の内容はまたゲームと関係がないものになりますので、嫌な方は自己回避の方向でお願いします。


はー……。
ドラマの宣伝にもなってしまうので、正直、これ以上は書いても仕方ないと思っていたのですが。

本当はこのネタで日記を書くのって嫌なんですよ(泣)
アクセス解析をしてみたら串さして来てるのが増えてて(泣)
まあ、おれの日記自体はホントのところは宣伝になっていないいうことも判ってるんですが(解析内容見りゃ判りますw)、それでも検索すればヒットしますし、実際にピンポイントで飛んで来ている人もいるようです。……まあ、串付きですけど。

なので、おれが日記を書いても大した影響力などないと自覚はしているのです。
ですけど、少しでもドラマに触れると宣伝にもなりかねないということも判っています。だからもう触らないようにしようと思っていたのですが……。



放送前日、というまさかのタイミングでコメントがついていたので思わず……ていうか、おれも気付いてなかったんですが、確かに間違っていますね。

Twitterの方では笑って流していますが、実はこれはちょっとというか……かなりの問題だと思っています。
このコメントを追うと……ドラマのファン? でしょうかね。これは怒られても仕方ないと思うんですよ。楽しみにしている人にとっては許されない間違いですし、何より出版としてどうなのかともおれも思います。

それにこんな状況になるまで放置している編集の気持ちも理解不能です。自分が担当した作品がパクられても何も感じないのでしょうか? 謎ですね。
誰かもし、担当編集の心理が判る方がいらっしゃったら教えてください。本気で判らないので。

正直、作者の本を待ち望んでいる立場のおれから言わせるとあり得ない状況なんですよね、今。
おれは日明恩先生が別にどこから本を出しても構わないと考えています。そして何らかの理由で講談社と折り合いがつかなくなった、または何か譲れない事情が発生した、ということも何となく想像出来ます。
そうでなければわざわざ他の出版社から同じ本を出したりしません。

そして移動先の双葉社から改めて本を出されている訳ですよね?
どちらが先に声を掛けたのかは知りませんが、双葉社はもう少し自社で書いている作家を大事にすべきでは? と思うのです。
何故ならこのドラマは鎮火報を始めとする消防シリーズ(ロード&ゴーを含む)の設定だけでなく、様々なシーンをパクっている可能性が高いからです。

そもそもやる気のない人間が消防士になるって無茶があるんですよ(汗)
ていうか、消防モノでは鎮火報だけですよ。その設定。何度も言いますけど。
それをパクられ、または被っていると知っていながら、どうして動かないんでしょうか? ミステリ作家としての今後の活動を阻害する要因かも知れないのに、それを放置するというのがそもそもあり得ないです。

ですがまあ、何故かは判らなくもありません。
テレビが作者に無断で作品をパクってドラマを作ったりしているのがこれだけじゃないからです。

極力簡単に言いましょう。

みんなやってるから別にいいじゃん。

これです。
いや良くねえよ!!!! 少なくともおれは困る!
これで作者のやる気が萎えるのが一番困るんです! 続きや他の作品が読みたいおれにとっては、猛烈に困るんですよ!

モチベーションの維持って個々人がするものだとは思いますが、外的要因により下がる可能性も大きいでしょう?
そんな要因から作家を守るのは編集のお仕事なのでは? 違いますか?
それともナンデスカ。著作隣接権などはちゃっかり保持しつつ、パクリには知らん顔をすると?
(注:ご存じない方も多いかも知れませんが、映像化などの権利はこの国では作家ではなく、出版側が持っていることが殆どです)

この国って一体……。
確かにおれは現在、この国のマスコミを始めとする映像関係に一切の興味はありません。というか、むしろ害だとも考えています。
何故なら彼らの中に未だにテレビで国民を扇動できると考えている者がいるからです。……そんな事実は既になく、つーか、前時代的な考え方なんですがねw
それを知っている人たちは既に無料配信であるテレビ局から離れていると思います。そんな考えに凝り固まっていたら新しいものは出来ないし、何よりいい作品は作れませんので。

その背後にあるモノのことを考えると酷く憂鬱な気持ちになります。
いやもう……判るんだけどね……。何があるのかは。書きませんけど。おれも自分の命は惜しいのでw

そしてそれらの考えに囚われた人間の作るものを一番目にする世代は団塊世代です。
テレビの売り方も以前とは変わりました。馬鹿みたいなサイズの画面、こんなのどこに置くんだっていうね。ああいうのを買うのが誰だと思います? そう、金を持て余している老人ですよw 必要以上のサイズのテレビ、必要以上の高級車、必要以上の環境……その他諸々。彼らを相手に商売しようとしている輩のなんと多いこと。

そしてそんなあじにのせられた連中がマトモな視聴の仕方をすると思います?w
中にはおかしいということに気付く人がいるかも知れませんが、少数だと思うんですよね……。

そういう連中がこの国にどんだけいると思いますか?w 人口の何パーセントですかね?w 高齢化社会って問題提起だけして放置してる奴らも多いですが、本当にヤバくなっているんですよ、この国は。そういうニュースをテレビであえて流さないだけで。
そして彼らの子供の世代にもまた、影響力はあります。賢い人は気付いて脱却していると思いますが、団塊世代の子供の中には、親のコピーみたいのがいるのです。
団塊世代のコピーは何も考えません。親と同じですから。
考えないで目の前に提示されたモノ(この場合はテレビの放送や新聞)の中から都合良いものをチョイスして生きているのです。

そんな人たちに向けて発信される訳ですから、とーぜん、視野狭窄入りまくりの放映が多くなるのは判ります。そういう人たちは騙しやすいですしね。
見ているドラマが実は何かをパクって作られていることにすら気付かない人が多いでしょうから、問題にならないと考えていることも透けて見えます。

この体質をいつまで続けるのかな、とも思います。
そしてこのところ目につくのは海外ドラマでしょうか。勢いありますよね。テレビでどんどん流しているようですが。
そうすることにより、自分で自分の首を絞めていることに気付いているんでしょうか?w

そもそも金を出して観る、ということが当たり前の環境であるアメリカと比べることすら間違っているとは思いますが、海外ドラマが面白いのは、競争がめちゃくちゃ激しいからでしょう?
だから面白いものしか残らない。はっきり言えば面白いモノでなければ売れないんでしょう。わざわざお金を払ってつまらないものを観る趣味はないってことです。

そんな環境だから競争も当然、激しくなります。競争がある、ということは、同時に商品が良くなるということでもあります。
だから海外のドラマが面白いのでは? ……あくまでもこれはおれの想像ですけども。

だらだらっと書いてみましたが……。

どこまで吹っ飛ぶのか見物ですねw と個人的な感想を書いておきます。
ああ、おれってものっっっっすごく親切かも知れない…………。
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
水輝
性別:
非公開
職業:
庭師
自己紹介:
これはブログを使った単なるゲームプレイ日記です。
テキストメインなので、文章に拒否反応を示される方の閲覧はオススメできません。

ハンドルとゲーム内キャラ名が違うことがよくあります。

URLやメールアドレスは貼らないでください。
トラックバックは受け付けていません。
その手のコメントは全て削除します。

詳しい理由はココ
ついったー
名倉のひとこと
あっしらにも何か作らせてくだせぇ
最新コメント
[10/12 フェラガモ 靴]
[09/06 Bailiatut]
[08/07 ありす]
[08/04 ありす]
[06/11 ありす]
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
著作権表示

大航海時代Online

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005-2015 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXI

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の登録商標、もしくは商標です。

Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

パーフェクト ワールド -完美世界-

(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.
Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.

お天気情報

-天気予報コム-
アクセス解析
Persona4 the ANIMATION
TVアニメ「ペルソナ4」
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]